肉厚で美味しい!さすが三田本店です。

mita

 

※初めての二郎館投稿です。

あまのじゃく故ずっと渋っていましたが、
二郎への好奇心がついにそれを上回りました。

二郎デビューに向け入念に予習。

大を頼むのは少々気が引けるが、二郎を腹一杯に堪能したい…。
ので、小豚・ヤサイニンニク両方マシマシカラメにすることに。

訪れたのは18時頃。
12~13人程並んでいました。
「すぐに食べれられるかな」と思ってましたが、
思ったより回転が遅く、座るまでに30分程かかりました。

リサーチでは、食券を買って座るまでに麺の量を聞かれる想定でしたが、
私は着席と同時のタイミングで聞かれました。
予習の甲斐あって、スムーズに小・固めを注文。

そして、例の呪文。
「ヤサイニンニク両方マシマシカラメで」と唱えました。
あとは、待つのみ。

待つこと数分。
自分の前に置かれたものを見て、目を疑いました。
「野菜が多い」とは色んな人から聞いていたし、
予習もして十分に想像していたつもりですが、そんな予想を遥かに超越していました!
写真と実物とでは、インパクトが全く違います!

「これ、戦えるかなぁ…」

否!立ち止まったら負けです!
ここは勢いで押すしかありません。

まずは野菜。
野菜自体に味はそんなについてません。
ここで、野菜と麺の位置を入れ替える「天地返し」なるものをしてみようと思います。。
天地返し後のスープに浸った野菜は、一気に強烈なスープの味に包まれます。
脂っぽさとニンニクの風味が、野菜に絡みます。
うまいです!!

次に豚。
もちろん想像以上の量です。
肉厚で美味しいのですが、若干冷たかったのが残念です。

そして、麺。
麺には驚かされました。
普通のラーメン屋とは明らかに味と風味が異なります。
少し甘味があり、その甘さがすごくいい塩梅なんです。

驚かされっぱなしですが、半分ぐらいまでいくとようやく味わう余裕が出てきます。
そして、意外と「丸い」とゆうことに気付きました。
「ボリュームがある!」とゆうイメージが先行してましたが、
麺・スープ・野菜・ニンニクの均整がとれている味でした。

スープを飲み干し丼を上げ、「ごちそうさま!」と店を出ました。

二郎を腹一杯に堪能し、駅に向かっていると、
突然猛烈な満腹感に襲われました!
胃袋が悲鳴を上げているような苦しさです!
なんとか田町駅まで辿り着いたものの、ホームのベンチで動けなくなってしまいました。
あしたのジョー状態です。

「時差」にやられるとゆうことがわかりました…。

スープはちょい残しがベストだったのかと^^;
今回の経験を踏まえてリトライしたいと思います。

ちんなみに、店内はピリピリした雰囲気ではなく、
むしろ弛緩した雰囲気で、
コールのタイミングを間違えても店員さんに怒られてる人はいませんでした。

最新情報をチェックしよう!
" "
" "