20年前の味の記憶なんて全くないけど、あの時も旨かったに違いない。

慶大の近くに凄いボリュームのラーメン屋さんがあると教えてもらった。
それは、お店がまだ交差点付近にあり、ラーメンの値段が300円位の頃。

しばらくしてお店はそこから無くなり、閉店したものだと思っていた。
移転したと知った時には三田近辺に行くことはなくなっていた。

ちょうど20年前の話。

この度、近くに行く機会があり、20年ぶりに行ってきた。
平日14:30頃で外待ち6人。
20分ほどでカウンター席に着席。
おやじさんは20年そのまま歳を重ねた感じ。

ラーメンは麺少なめ。
コールはニンニクアブラ。
さっそくいただいてみますが、やはり本店は旨かった!
スープの味加減、麺の茹で方、豚もヤサイも、「どうだ!これが二郎だ!」と訴えかけてくる。
素直に感動できる旨さに、麺少なめにしたことを後悔した。

20年前の味の記憶なんて全くないけど、あの時も旨かったに違いない。
いや、きっと旨かった。
懐かしくもあり、新たな発見もあった。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!