二郎の中でも代表格の優等生タイプです

150x150_square_35642067

 

 

吉祥寺の学校出身ということもあり、学校の隣にあった、旧“ラーメン二郎吉祥寺店”から輝かしい二郎キャリアがスタートし、今や二郎歴20年です。
ほとんどの二郎を食べてますが、ここは一番近所ということもあり高頻度で利用させてもらっています。
味も全二郎の中でBest5に入る好みの味なので、近くに自分好みの二郎があるこの恵まれた境遇に神様に感謝せざるを得ません。

開店当時から通ってますので、特徴やルールが変わったりもしてます。
昔は夜もやっていましたが、今はお昼営業のみになってしましました。。。
小岩から離れた場所に勤務する普通のサラリーマンはまず食べることができませんので、サービスを低くしております。(私には耐えられない…)

味は…東側にわりと多い非乳化系の醤油強めのスープ。
麺は…中平太(一般的に言えば極太です)
硬めが廃止されてからは以前よりだいぶ硬くなり、個人的には今がベストな硬さだと思っております。
豚は…かなりブレがあり、味が入りすぎてる時は、『パサパサな豚の食感をした固形の醤油』を食べているのかと勘違いする時がありますが、うわブレした時の豚は昇天レベルの仕上がりなもんだからやめられない…。
最早賭けですがね。
雰囲気云々は…二郎にはナンセンスなので、語る事はありません。
量は…多過ぎず、少な過ぎず(大に限り)、適量です。
小は食べないのでよくわかりませんが、少なめや半分もあるので、初めての方には優しいお店かと思います。

全体的にバランスが整った、二郎の中でも代表格の優等生タイプです。
是非ご賞味あれ。

最新情報をチェックしよう!