久しぶりに二郎を冠するお店に来ました。

150x150_square_38565843

 

久しぶりに二郎を冠するお店に来ました。
全国的にも有名な「横浜関内店」です。
ここを食わずして二郎は語るべからずというお店です。
12:30頃到着したのですが、既に40人以上の長蛇の列。
入店まで、1時間程かかりました。
海外、特にアジア系のグループが所々に見受けられます。

さて、まずは「小ラーメン」の食券を購入。
こちらも三田の本店同様プラスチックの食券です。
並んでいる間に既に麺の量は店員さんに聞かれていたので、着席するやすぐにコールを聞かれ着丼。
今回はニンニク抜きだけで、あとはノーマルにしました。

まずはスープを一口。
本店やひばりヶ丘店のような独特なクセのある醤油ではなく、少々甘目になっています。
塩分もそれ程高くはありません。
乳化はあまりされておらず、醤油のバランスの方が強い、醤二郎系です。

麺は本店同様平打ちのストレート。
歯ごたえはシッカリしていい感じです。
しかし、そこは二郎!
小ラーメンでもかなりのボリュームで、食べているうちに若干柔らかくなってしまいます。

もやし、キャベツはちょっと茹ですぎでしょうか。
シャキシャキ感がなくなってしまっています。

全体的にはとても食べやすい仕上がりになっています。
是非行かれてみてください。

最新情報をチェックしよう!